絶対リバウンドをしないダイエット研究会 リバウンドとサヨナラするためのダイエットNavi

停滞期ってなんだろう

よく耳にする「ダイエットの停滞期」とは何でしょうか。
停滞期のしくみと、停滞期にリバウンドが起こりやすい理由について説明します。

ダイエットでリバウンドする理由は停滞期にアリ

順調に体重が減っていると喜ぶのもつかの間、突然、体重の減少がストップしてしまう時期があります。
これを「停滞期」と呼びます。リバウンドにはこの停滞期が大きく関係しています。

停滞期が起こるのは、人間にもともと備わっている
ホメオスタシス機能(恒常性維持機能)という危機管理システムが働くためです。
体温が上がれば汗をかいて熱を下げようとしたり、
ばい菌などを免疫機能が排除したりするのはホメオスタシス機能の働きによるものです。
そしてこの機能は、ダイエット時にも働いています。

停滞期の原因ホメオスタシス機能とは

常に正常な状態を保とうとするホメオスタシス機能は、
急激に体重が減少したときにも働きます。体が危機を感じるからです。

緩やかなダイエットの場合は体が異常を感じることはありませんが、
急に体重が落ちると体はホメオスタシス機能によってエネルギーの吸収率を高めたり、
代謝量やエネルギーの消費を低く抑えます。

その体重を保とうとする働きが、ダイエットの際には停滞期として立ちはだかってしまうのです。

ホメオスタシス機能が働くのはだいたい体重の5%が減少した時点もしくはダイエット開始1カ月後といわれています。
最初は順調に減り続けていた体重も、この頃を過ぎると減らなくなってしまう、そんな経験をした方も多いことでしょう。
停滞期はだいたい1カ月前後続くと言われています。

停滞期にダイエットをストップしてしまうとたいへんです。
以前よりエネルギーを吸収しやすく消費しにくい体質になっていますから、あっという間に太ってしまうのです。

停滞期を回避する方法はある?

緩やかに体重を減少させれば停滞期を防ぐことができます。
だいたい1カ月に0.5kg~1kgの減少であれば体は異常を感じずホメオスタシス機能も働かないとされています。
できれば1カ月目で1キロ、2カ月目は維持期間とし、3カ月目で再度1~2kg程度を減少させるという方法がベターです。
無理をせず、長期計画を練ってジワジワとゆっくり体重を減少させれば、停滞期を回避させることが可能なのです。

「そんなに悠長にはできない!短期間である程度は絞りたい」という目標設定の場合は、
ホメオスタシス機能が働いている時期はひたすら我慢をし、
投げ出さないで機能が解除されるのを待つことが大切になります。

とはいっても、精神的にも停滞期に打ち勝つのはかなりの努力が必要です。
どうしてもダイエットがうまくいかない人は、メディカルダイエットを利用するのも一つの方法です。
医師がリバウンドしないダイエットプログラムを実施してくれるのでリバウンドしにくく、健康的に痩せることができます。