絶対リバウンドをしないダイエット研究会 リバウンドとサヨナラするためのダイエットNavi

ダイエット薬

このページでは、病院やクリニックで処方されるダイエット薬とその効果、種類などをご紹介します。リバウンドしにくい理由に加え、薬を服用した方の体験談もピックアップしています。

ダイエット外来の痩せ薬の効果は?

現在、クリニックや肥満・ダイエット外来などで処方される薬の代表といえるのは、
食欲を抑制する食欲抑制剤「サノレックス」と脂肪の吸収を抑制する肥満治療薬「ゼニカル」のふたつです。

サノレックス(マジンドール)

厚生労働省が認可している食欲抑制剤で、
主成分のマジンドールが食欲調節中枢などに作用して食欲を抑えます。

無理な食事制限をする必要がないのでリバウンドを避けることが可能です。
新陳代謝が上がることもダイエットに向いています。

ただ、飲むだけで痩せるというわけではないので、食事内容の計画を立てることが求められます。
また、有酸素運動を組み合わせるとより効果的です。
内服のタイミングや食事については、医師にアドバイスを受けましょう

ただしこの薬は、肥満度が70%以上もしくはBMIが35以上の高度肥満症向けで、
服用期間も3カ月までとされています。

薬ですから当然副作用もあります。サノレックスは依存性があることもわかっているほか、
睡眠障害やめまい、抑うつ・精神障害・不安、口渇感、嘔吐・吐き気といった副作用が報告されています。

必ず医師の処方の上で、用法と用量を守って飲むようにしてください。

ゼニカル

ゼニカルは日本ではまだ認可されていない薬ですが、
アメリカFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可があるので、安全性は確率されているといっていいでしょう。
日本でも病院で処方してもらうことが可能です。

サノレックスと違い、食欲を抑えるのではなく脂肪の吸収をしにくくする働きがあり、カロリーを制限できます。
無理な食事制限をしなくていいことから、リバウンドしにくくなります。

ただし、普段から脂肪分の少ない食事をしている人には効果が望めません。
また、すでにある脂肪を溶かしてくれるわけではなく、
これから摂る食物の中の脂肪の吸収を阻害してくれるにすぎないので、
これを飲んだら痩せるというわけではありません。食事内容の見直しや運動の組み合わせが必要です。

デメリットは、ほかの栄養分を排出してしまうことです。
とくにベータカロチンやビタミンEなどの脂溶性ビタミンの不足が起こる可能性があります。

ダイエット薬を飲んだ人の声を集めました

そのほか、病院やクリニックによっては漢方が処方されたり、サプリメントを提案されることがあります。
サノレックスやゼニカルを含め、これらの薬はダイエットの補助には効果的ですが、
薬やサプリメントだけで痩せることはできないということを頭に入れておきましょう。

では、薬を飲んだ人の体験談をみてみましょう。

ゼニカルを服用しています。1週間で2kg体重が減りました
ただ、便がゆるくなったり、黄色い液体が出てきます。
これが脂肪なのかな?と思うのですが、私の場合はナプキンを使用しています。

1日1回の服用なので苦痛もなく継続できました。食欲が抑えられて食事の量も減ってきています。
ダイエットはこれまで長続きしなかったのですが、これなら継続できそうです。

サノレックスを飲んで2カ月です。最初の1カ月で7kg、2カ月で2kgの計9kg減量できました。
あと1カ月しか飲むことができないので少し焦っています。

サノレックスを飲んで1カ月半で5kg減らせました。リバウンドもありません。
服用中にビタミンやミネラルを摂るようにしたことも「リバウンドなし」に繋がったのかも…。