絶対リバウンドをしないダイエット研究会 リバウンドとサヨナラするためのダイエットNavi

脂肪吸引

外科的手術で行なう脂肪吸引のメリットやデメリットと
痩せられる理由や脂肪吸引経験者の体験談をご紹介します。

脂肪吸引はリバウンドのないダイエット方法です

メディカルダイエット「脂肪吸引」短期間で確実に痩せられる脂肪吸引は、外科的な手術です。
カニューレという細い管で余分な脂肪細胞を取り除く方法なので、
食事制限などの必要がなく、リバウンドもありません。

主流の一つは「チューメセント法」で、特殊な溶液を注入して
脂肪を柔らかくした後に脂肪を吸引します。
チューセメント法をさらに進化させたのが「ハイパーインフレート法」で、
麻酔薬を薄めた生理食塩水を皮下脂肪層に注入することで、大量の脂肪を吸引することができます。

「超音波脂肪吸引法」も最近ではメジャーになってきた方法で、
超音波で脂肪組織を分解し、その後、カニューレで吸い出すものなどがあります。

脂肪吸引のメリットとデメリット

顔(頬・アゴ)や二の腕、腹部、臀部、太ももなど、ほぼ全身に行なうことができる脂肪吸引。
部分的に痩せられることから、メリハリのあるボディを目指せたり、気になる部分を改善できます。【注1】
効果が確実に出るため、一度の手術で済むのもメリットです。

しかし外科的手術のため、危険がないわけではありません
麻酔によるトラブルやカニューレの操作ミスなども起こらないとは断言できません。【注2】

また、術後の痛み、腫れ、内出血、むくみはほとんどの部位で起こり、
部位によっては術後数日は安静にする必要があります。

術後のマッサージやガードルでの固定に加え、定期的に通院して術後の経過を観察することも必要です。

参考サイト・記事

脂肪吸引で痩せた!口コミをリサーチ

太ももとお尻の脂肪吸引をしました。静脈麻酔を使うので手術の痛みはなかったです。
手術の時間は4時間程度。抜糸後数日でかなりむくみが出て内出血や痛みもあって
5日程度はひたすら安静にする必要がありました。でも効果には大満足!細さを実感しています。

いままでいろいろなダイエットをしてきましたが効果がなかったので
ウエスト部分の脂肪吸引を決めました。2時間30分ほどかかりました。
術後は胃痛や吐き気、筋肉痛、内出血があり、1カ月ぐらいは施術した箇所に血のしこりもありました。
でも結果には満足です。ウエストは4cmほど減りましたし、くびれがないというコンプレックスも解消されました。

太ももの脂肪吸引をしました。術後1週間は腫れがひどく痛みもあり、
2〜3週間はまめな通院が必要でした。2週間ぐらいで腫れは治まりました。マッサージは必須です。
自分で揉んで馴染ませることが大事です。術後半年ですが、
太ももに満足しています。脂肪吸引をしてよかったです。

下膨れだった顔の脂肪吸引をやりました。麻酔は局所だったので、手術中も会話できました
術後の腫れはありましたが、3日目ぐらいにはスッキリしているのがわかり、
その後も順調で痛みもありませんでした。思ったより楽な手術でした。